【ネット不正送金】新種ウイルス「VAWTRAK」が国内に2万件ほど常駐か?自動不正送金ツール

Sponsored Link


b140905comment03不正送金実行中の画面(プログレスバーが表示される)

今月頭くらいに似た報道を見た気もしますが、産経で9/15朝報道されていました。

ネット不正送金 新種ウイルス2万件超 世界の8割が日本標的
インターネットバンキングの正規サイトにログインするだけで犯罪者の口座に自動的に不正送金される新種のウイルスが5月以降、日本で2万件以上も検出されていることが14日、分かった。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140915/crm14091507510002-n1.htm

要するにパソコンに常駐しており、ブラウザでインターネットバンキングにログインすると、その挙動を検出するロガータイプの動きをするものです。

「VAWTRAK」と呼ばれています。

ログインした時に送金を実行するタイプか、ログイン内容を覚えるタイプ(ロガー)かは記事ではわかりませんが、トレンドマイクロのウィルスバスターの検出機能で見つかったようです。

ワンタイムパスワードすら突破するということなので、ログインした時に送金を実行するタイプと思われます。

今年5月から増加して、ウィルス検出数は2万件ほどとのこと。国内の銀行・クレジットカード会社37社を狙うようです。

感染源はメールの添付ファイルや企業のホームページの可能性が高いようです。日本を標的にしているのは確実視されており、注意を呼びかけています。

国内の銀行・クレジットカード会社37社を狙う自動不正送金ツールを徹底解析

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。