【歴史捏造】西郷隆盛の本当の名前は「西郷隆永」(たかなが)

Sponsored Link


西郷隆盛の本当の名前は「西郷隆永」(たかなが)。

GY12-2

明治政府樹立で功績のあった西郷隆盛。

実は「西郷隆永」(たかなが)であったのが本当だそうです。実際には「吉之助」(きちのすけ)という名前でも呼ばれており、そちら知られていたのですが、「隆永」の方は知られていなかったそうです。

そこで、明治政府が西郷さんに褒美を与える際に、誰も下の名前を知らなかったので、連絡したところ連絡がとれずに、友人の吉井友實(よしいともざね)にたずねたところ、勘違いして「西郷隆盛だよ」と父親の名前をぼんやりと答えたことが発端で「西郷隆盛」となったようです。

まさに「歴史捏造」です(笑)

ただ、当の本人は「まぁいいか」ということで、その後「西郷隆盛」と名乗るようになったんだそうです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。