【10年前から】若者のフルーツ売りが最近また流行っている件

Sponsored Link


2014-09-10_120448写真はぼんやりとしたイメージです。

ビジネスジャーナルが今朝の記事で

街中に出没する“若者のフルーツ売り”、その悪質な“嘘まみれ”の実態を経験者が暴露

という記事を書いていました。

“若者のフルーツ売り”とは、最近インターネット上などで出没情報が頻出している謎のビジネス

「売れ残ってしまったので1つ買ってくれませんか?」などと声をかけ、売り歩く

懐かしいですね。10年以上前に東京で出没し始めて私も何度も声をかけられたことがあります。

どうみても農業関係者風の男女のコンビで、「売れ残ってしまったので売り歩いているんです」と爽やかに声をかけてきます。

こう来られると、「あー八百屋さんが大量仕入れしちゃったのかな?」とか思って買ってしまうわけですが、頻繁にあるわけないので、組織的なウソです。

これでなんらかしら商法に引っかかるかといえば、そういうことはなく問題もありません。

ただ、記事では「労働マルチ」ということで日給1万円で釣って、労働意欲で競わせて働かせて4000円しか払わないとか色々書いてありました(笑)

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。