【知ってた】昭和天皇が靖国参拝を辞めた理由が「靖国のA級戦犯合祀」だったは前から定説

Sponsored Link


日本経済新聞が9/9の記事でこのようなものを配信していました。

昭和天皇の靖国参拝取りやめ、A級戦犯合祀が理由
実録で179カ所に典拠資料として採用された「富田メモ」は、1975年を最後に昭和天皇が靖国神社を参拝しなくなった理由が、78年10月のA級戦犯合祀(ごうし)だったことを明らかにした。富田朝彦元宮内庁長官は天皇が合祀ゆえに参拝をやめたと語った言葉をメモしていた。
その後、『卜部亮吾侍従日記』、天皇の和歌を指南した歌人の岡野弘彦氏の『四季の歌』など、同様の事実を裏付ける資料が出版され、近年の昭和天皇研究では定説となっている
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H0S_Y4A900C1CR8000/

この昭和天皇が靖国参拝を辞めた理由が「靖国のA級戦犯合祀」だったことはこれまで言われてきましたし、過去昭和天皇の研究をした書物などでも書かれていました。

よって新しい話というわけではありません。記事の主旨は「より明らかになった」という意味合いだと思います。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。