八十八(やとはち)@富山県 山奥の飲食店が『ポツンと一軒家』で紹介

富山県中新川郡上市町護摩堂にある山頂のレストラン(飲食店)「八十八(摘草料理宿和風オーべルジュ)」さんが、2020年4月5日放送の『ポツンと一軒家』で紹介されるそうです。富山県は番組初登場、その輝かしい一軒目にミシュランにも掲載された摘草料理(つみくさりょうり)のレストラン&宿が紹介されます。

富山県 山奥の飲食店が『ポツンと一軒家』で紹介

2020年4月5日放送『ポツンと一軒家』で、富山県の山中深くにあるレストラン(飲食店)が紹介されると予告されています。

予告では「料理に情熱を注ぎ、波乱万丈な人生を送る男性が開業したお店」とあり、相当な山奥にあると書かれていました。

実は富山県は『ポツンと一軒家』には初登場の県。

記念すべき第一号に紹介されるのはどんなお店なのでしょうか?

実は「八十八(やとはち)」さんという弘法大師にゆかりのある土地で営業する宿・飲食店が紹介されるのです。

富山県の八十八(やとはち)はどこにある?


富山の剣岳に近い上市町に「八十八(やとはち)」はあります

富山の剣岳に近い上市町に「八十八(やとはち)」はあります

では、富山県の八十八(やとはち)はどこにあるのでしょうか?

富山県といえば剣岳が有名ですが(上の写真)、その剣岳がある上市町(かみいちまち)に「八十八(やとはち)」さんはあります

摘草料理(つみくさりょうり)のレストランで宿にもなっています。

摘草料理というのは「摘み取った季節の草花や旬の野菜に魚を取り入れた料理」のことです。

店主は三浦心一さんで、大使館の料理人だった経歴もある方です。

京都の料亭でも修行されていたそうで、ニュージーランドにある日本大使館や、ニュージーランド国営ホテルでもシェフをされていたそうです。

なんと!ミシュラン2016にも掲載されているとのことで、有名なレストランみたいです。

〒936-0891 富山県中新川郡上市町護摩堂535

このお店の口コミは?

この投稿をInstagramで見る

かねてより一度行きたいと公言。しかし、なかなか訪れる機会のなかった「和風オーベルジュ八十八」に奥さんと一緒にやっと来れました。食事は、イチジクの天ぷら。柿の味噌と卵黄を組み合わせ合わせた料理。富山の山奥にあり、日本中より選び向いた調味料にその日採れた山菜。和の料理にジェノベーゼが取り入れられたりと、その工夫を上げるだけで、今日の感動が。まさに、第六感が刺激される、新感覚の和食でした。野菜好きの奥さんもこんな料理があるものか、と吃驚してました。この地で採れる春の山菜も食べてみたい。美味しくて五感が刺激され、そのヘルシーさに身体が喜ぶ料理でした! #和風オーベルジュ八十八

Takafumi Tsukada(@takafumitsukada)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

弘法大師の清水を飲んできました。

シューホウー(@syuhou0110)がシェアした投稿 –

ポツンと一軒家 2020年4月5日 予告


ポツンと一軒家 2020年4月5日 予告は以下の通りです。

徳島県】山道は細くハンドルを切り間違えれば崖に落ちてしまいそうな危険な道。捜索隊は車を大きく揺らせながらも、慎重に一軒家へと向かう。15分ほど進むと急に視界が開け、霞のかかった幻想的な景色が!そこには歴史を感じさせる立派な日本家屋が整然と建っていた。
富山県】番組初登場県!通りかかった男性が「一軒家はないけど、山の中にお店があるので、そこは行ったほうが良いですよ」と、まさかの情報が。そこには料理に情熱を注ぎ、波乱万丈な人生を送る人がいた。

広告


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。