【ゲーセン謝罪】滋賀のゲーセン警告文に市教委が抗議しゲーセン側が説明と謝罪(のスーパー「アル・プラザ野洲」内)

Sponsored Link


別記事:【芸総救命活動】8/24、埼玉県立芸術総合高等学校で救命活動(埼玉県所沢市)

2014-08-22_105537

先日21日、速報系ブログさんで話題になっていた滋賀県野洲市小篠原のスーパー「アル・プラザ野洲」内にあるゲームセンターで市内の中学校の男子生徒らが店内の機械を蹴りつけたなどと書かれた紙と少年たちの後ろ姿の写真が張り出されていた事件ですが、市教委が抗議し、ネット拡散されたことと一部虚偽情報などもと指摘しました。ゲーセン側は「張り紙に不適切な部分があり、市教委に謝罪した」とコメントしています。

当初は

一部部品の交換による費用が掛かりました
カメラの映像を元に警察に届け出をしてある

とのことでしたが、ゲーセン側は

部品交換に伴う修理費用の発生はなく、被害届も提出していないと説明

しました。「虚偽」というよりも、自主させようと盛っただけみたいです。

しかし、こういう警告文は京都市内でも防犯カメラの写真付きでコインランドリーなどで見かけることがあります。深夜のコインランドリーで飲み食いする中学生とかいるんですよ。ま、無視して入ってくとソソクサと逃げていきますが。

うちの温泉担当が「蒲生野の湯に行く時にここ寄った」とか言っていましたが、余計な情報です。(温泉レビューはこちら

以下、該当記事。

ゲーセン警告文に市教委抗議 滋賀、一部虚偽もネットで拡散(京都新聞)
滋賀県野洲市小篠原のスーパー「アル・プラザ野洲」内にあるゲームセンターに、市内の中学校の男子生徒らが店内の機械を蹴りつけたなどと書かれた紙と少年たちの後ろ姿の写真が張り出されていたことが21日、市議会全員協議会で報告された。紙と写真を写した画像が何者かによってインターネット上に投稿され、広まっている。市教育委員会は同日、市役所で経緯を説明したゲームセンター運営会社の「ユーイング」(彦根市)幹部に抗議した。

 文面は、「2014/8/4、16時ごろ、店内の機械を蹴りつけ、警報を鳴らした少年たちへ」と題し、中学校の実名を挙げて「機械が一時的に停止し、機会損失、及び一部部品の交換による費用が掛かりました。すでにこの写真とカメラの映像を元に警察に届け出をしてある」などと記している。さらに、生徒らの頭髪や店内でのマナーを非難し、「ふざけた頭はしっかりと丸坊主にして来るように」と謝罪を求めている。

 市教委によると、今月中旬、中学校の校長に知人から「ネットで投稿されている」と連絡があって発覚し、ユーイングに説明を求めた。同社幹部は警報が鳴ったのは事実だが、部品交換に伴う修理費用の発生はなく、被害届も提出していないと説明したという。市教委学校教育課は「インターネットでの拡散を止めることはできない。経緯を確認してしかるべき対処を検討する」としている。

 ユーイングは京都新聞の取材に対し、「張り紙に不適切な部分があり、市教委に謝罪した」としながらも、掲示した経緯や人物、掲示期間について「調査中で答えられない」としている。

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140822000019

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。