【諜報活動】海上自衛隊「おやしお型潜水艦」が日本海ロシア国境海域(ラペルス湾、宗谷海峡)でスパイ行為?

Sponsored Link


2014-08-21_151927

8/21に報道されたところ、海上自衛隊の「おやしお型潜水艦」(ディーゼル発電式潜水艦)が、ラペルス湾北方で諜報活動していたとロシアマスコミ(ロシア経済紙コメルサント)が報道しています。

タス通信は領海侵犯はなく、海自潜水艦は海峡の中央を通過していたとも伝えています。

ラペルス湾は「宗谷海峡」のことで、サハリンとの国境線があります。

日本の潜水艦はしばらく後に急きょ中立海域に去っていったとのことです。

本件はロシア公式からの発表はなく、非公式情報として報道されています。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。