スピングルムーヴ @京都・八坂通り「ゴム底の革スニーカー」がニッポン視察団で紹介

京都にある外国人がワザワザ購入するというご当地土産のひとつ「スピングルムーヴ」さんの革スニーカーが2019年11月23日放送『世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団』で紹介されるそうです。京都の八坂通りにオンリーワンショップがあり、そこで購入可能です。また、楽天通販でも購入可能です。

広告

京都・八坂通り「ゴム底の革スニーカー スピングルムーヴ」がニッポン視察団で紹介


八坂の塔が見える「八坂通り」を入ってすぐ左に「スピングルムーヴ京都店」があります

八坂の塔が見える「八坂通り」を入ってすぐ左に「スピングルムーヴ京都店」があります

2019年11月23日放送『世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団』で、外国人がワザワザ購入するという「日本のご当地みやげ2019最強ベスト25」を紹介すると予告されています。

その予告映像を見ていたところ、京都の八坂通りにあるスニーカー屋さんが映っていました。

お店の名前は「スピングルムーヴ 京都店」です。

スピングルムーヴ 京都店

スピングルムーヴ 京都店

メイドインニッポンのスニーカーで一足の価格が2万円前後という高級スニーカーですが、素材に革を使って高級感がありつつ、靴底はゴムを使って快適性を求めたスニーカーです。

京都にオンリーワンショップがあり、それが「スピングルムーヴ 京都店」なのですが、発祥は広島の備後(びんご)で靴職人がすべて手作業で作っています。

予告映像では「SPM-198 BLACK」というモデルの靴を西洋人が品定めしている様子が映っていました。

ちなみに、このモデルのお値段は税込みで20900円です。

スプリングムーヴのスニーカーは見た目だけではなく、職人手作りのクラフト感と履き心地にこだわったものです。

昔からの伝統的な手法によって作られていて、開発も生産も国内のみという完全なメイド・イン・ジャパンなスニーカーなのです。

要するに、日本の高い品質を求めて来日してくる外国人にとって、普段はなかなか入手できないものであることから、外国人がワザワザ購入するという「京都のご当地みやげ」になっているのだそうです。

スピングルムーヴ 京都店はどこにある?


スピングルムーヴ 京都店は八坂通り沿いにあります

スピングルムーヴ 京都店は八坂通り沿いにあります

この「スピングルムーヴ 京都店」があるのは京都でもとびっきりの観光名所である「八坂の塔」のすぐ近くです。

河原町駅からだと徒歩16分、八坂神社を目指して歩いて東大路通を右折(南下)すると「八坂通り」の交差点があるので左折したら徒歩30秒ほどの場所です。

八坂通りからは八坂の塔が見えるのですぐわかると思います。

京都府京都市東山区玉水町71−7
営業時間:10時~19時
定休日:不定休
公式サイト:https://www.spingle.jp/

SNSの口コミや評判(感想)

ニッポン視察団 2019年11月23日 予告


ニッポン視察団 2019年11月23日 予告は以下の通りです。

47都道府県の“ご当地みやげ”を目当てに外国人が各地に!?有名銘菓はもちろん、日本人も知らない地方の意外な特産品まで…はるばる海を越え買いに来る!2019年No.1は?
定番?意外?外国人がワザワザ購入する、47都道府県の最新人気ご当地みやげとは! ▼各地の「銘菓」勢力図に異変が? 北海道の恋人&鎌倉のサブレー&広島のもみじまんじゅう…3強の牙城をおびやかすニューカマーが世界的に大人気! 北海道○○クッキーvs福岡のミルク風味まんじゅうvs鹿児島の山芋お菓子! ▼奈良の…奈良漬け!しかも昔ながらの製法で作られた真っ黒な6年物が人気。外国人はワインに合わせて食べる!?▼京都の…スニーカー!年間8000人の外国人が訪れ購入するのは、年配者でも歩きやすいゴム底の革スニーカー!そこには日本ならではの職人技があった! ▼東京の…手帳!世界中にファンがいる、超便利な○○手帳の総本山が中目黒の裏路地に!いったいどんな手帳? ▼和歌山の…みかん!30kg購入する猛者も…種がない&剥きやすい&とろけるように甘い!日本のみかんは世界の憧れの的!? ★綾小路きみまろの爆笑なぞかけも!


今回の「京都案内」は、京都の「山椒文化」についてです。京都独特のグルメ文化といえば「山椒を使う料理」が多いという点なのですが、実はこれはまだあまり知られているとは言えません。そこで、京都で食べることができる山椒を使った食べ物やスイーツなどを紹介したいと思います。



テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。