【注意喚起】豪雨便乗詐欺に注意(義援金や復興補助金の交付を装って手数料名目で現金や通帳を詐取)

Sponsored Link


福知山や昨日の広島の土砂崩れでも該当しますが、そういう地域で「豪雨便乗詐欺」というのが発生しているようです。

豪雨便乗詐欺に注意 京都府警が呼び掛け
 豪雨災害に見舞われた京都府福知山市や綾部市で、災害に便乗した詐欺事件が相次ぐ恐れがあるとして、京都府警は被災者に注意を促すチラシを配布する。

 府警によると、被災地では、義援金や復興補助金の交付を装って手数料名目で現金や通帳を詐取したり、「無料点検」と偽って不要な工事を勧める不審電話や訪問者が現れたりする恐れがある。また、不要品を処理すると称して家財道具を持ち去るケースがあるという。

 昨年の台風18号の際は災害補償名目で現金を詐取しようとする不審電話が府内で相次いだ。今回も同様の手口が予想されるため、注意事項を箇条書きにしたA4判のチラシを作り、自治体や自治会を通して配る。

 府警は自衛策として(1)相手の名前と連絡先を聞く(2)すぐに契約せず警察や家族に相談する(3)短時間の外出でも施錠し、現金や貴重品の管理を徹底する-を呼び掛けている。

http://kyoto-np.jp/politics/article/20140820000069(京都新聞)

ちゃんと廃品処理をしている業者さんもいますが、上のような詐欺や窃盗もあるようなのでご注意くださいということでした。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。