『ポツンと一軒家』福島県スペシャルで紹介される一軒家はどこにある?

2019年10月27日放送の『ポツンと一軒家』で、福島県東白川郡にある二軒のポツンと一軒家が紹介されると予告されていました。一軒目は「福島県東白川郡塙町大字片貝」にあり、二軒目は「福島県東白川郡矢祭町大字宝坂18」にあるポツンと一軒家のようです。

広告

『ポツンと一軒家』福島県スペシャルで紹介される一軒家はどこにある?

2019年10月27日放送の『ポツンと一軒家』は福島県スペシャル

山中奥深くにあるポツンと一軒家が二軒紹介されると予告されており、どちらもかなりの山奥にあるポツンと一軒家です。

(1)福島県の南部の山奥の鮮やかなブルーの屋根の一軒家
(2)福島県の南端部の山中にある細長く切り開かれた土地に建つ一軒家

一軒目は福島県の南部の山奥の鮮やかなブルーの屋根の一軒家。

二軒目も同じく福島県の南端部の山中にある細長く切り開かれた土地に建つ一軒家です。

どちらも「福島県東白川郡」にあるポツンと一軒家のようで、予告映像に映っていた一軒家は、上の衛星写真に映っている建物で、捜索隊が二軒目に行った場所です。

では、一軒目に行った場所はどこなのでしょうか?

予告映像では一切映っていないのですが、鮮やかなブルーの屋根の一軒家が近くにあります。

それが上の衛星写真の場所です。

たぶん、こちらが一軒目に行ったポツンと一軒家のようでした。

なお、一軒目の住所は「福島県東白川郡塙町大字片貝」、座標でいうと「36°52’30.3″N 140°29’43.3″E (36.875079, 140.495360)」です。

二軒目の住所は「福島県東白川郡矢祭町大字宝坂18」、座標でいうと「36°51’52.6″N 140°29’35.7″E (36.864610, 140.493257)」になります。

福島県東白川郡ってどんなところ?

では、福島県東白川郡ってどんなところなのでしょうか?

主要エリアは福島県東白川郡棚倉町で、住宅のほとんどは棚倉町に集中しています。

しかし、中心部以外はほとんどが山間部というところです。

1000年以上の歴史がある「山本不動尊」

1000年以上の歴史がある「山本不動尊」

中心部である棚倉町は東北の小京都とも言われる町並み。

1000年以上の歴史がある「山本不動尊」や、日本武尊にゆかりがある「馬場都々古別神社(ばばつつこわけじんじゃむついちみや)」など歴史があるところです。

花園のしだれ桜

花園のしだれ桜

春には桜、秋には紅葉が美しく、灌漑用水の中にある「花園のしだれ桜」が観光スポットとして知られています。

今回紹介されるのは、棚倉町北部の主要部ではなく、南部の山間部になります。

延々と林道が続くような場所で、これまで『ポツンと一軒家』で紹介された中でも、かなり到達困難度が高いエリアのように思えました。

ポツンと一軒家 2019年10月27日 予告


ポツンと一軒家 2019年10月27日 予告は以下の通りです。

福島県(1)】一軒家から山を挟んだ野菜直売所で聞き込みをする捜索隊。手掛かりが少ない中、ようやく一軒家を知っている人を発見!住人に関する詳細情報、さらに「もう一軒、心当たりがあるけど…」という、まさかの証言まで!捜索隊は意気揚々と一軒家へ。しかし、それは番組史上最も難航する捜索の幕開けに過ぎなかった。
福島県(2)】捜索隊が向かったのは、1本目のVTRで聞き込みのために立ち寄った野菜直売所。実はここでも新たなポツン情報を入手していた。地元の方いわく“どん詰まり”に「とても素敵な手作りの一軒家」があるという。そこは自宅でありながら、所、林も驚く本格的な趣味の空間!そして素敵な夫婦愛が育まれていた。

広告


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。