福井県大野市下打波の切り立った山の中に建つポツンと一軒家の場所はどこ?

2019年7月7日放送の『ポツンと一軒家』で、京都からも近い福井県のポツンと一軒家が紹介されるようです。といっても、岐阜寄りの福井北東部の山中にある一軒家です。住所は「福井県大野市下打波」というところで、そこには昔ながらの製法で珍しい植物を栽培する方が住んでいるということです。

広告

福井県大野市下打波にあるポツンと一軒家の場所はどこ?

2019年7月7日放送の『ポツンと一軒家』で、福井県の切り立った山の中に建つ一軒家が紹介されるそうです。

予告では「福井県の切り立った山の中に建つポツンと一軒家」と紹介されており、道路も繋がっていて行きやすそうな場所だとされています。

そこには昔ながらの製法で珍しい植物を栽培する方が住んでいるということです。

そのポツンと一軒家があるのが「福井県大野市下打波」というところで、福井県でも北部のさらに岐阜県寄り(東側)にあります。

ストリートビューを見ると、確かに白い道が見えるので一見すると行きやすそうなところなのですが、山へ行く方はよくご存知のように、こういう道は林道です。

街中でもごく稀に見かける白い道は、難所に敷設されることが多いコンクリート道路です

街中でもごく稀に見かける白い道は、難所に敷設されることが多いコンクリート道路です

白く見えるのは「コンクリート製の道路」で、これは山間部の細い林道でよく見ます。

アスファルトよりもコストはかかりますが、耐久性があり、長年整備しなくてもなんとかなる道として敷設されたものです。

そのため、当然整備されていない道ということになり、予告に書かれているように「険しい山道」であることがほとんどです。

地図を見るのに慣れてくると、衛星写真で白い道があると「近くに川が流れている林道だな」と推測ができるようになります。川が近い山道は水で道路が軟化して、アスファルト道路だと崩落するのでコンクリート道路になっていることが多いのです。

天下の酷道425号もコンクリート道路です

天下の酷道425号もコンクリート道路です

本ブログの人気記事「国道425号 日本三大酷道(龍神~十津川ルート)を走ってきた 2016年8月」の写真にある酷道もコンクリート道路です。

しかし、写真を見てもらえるとわかりますが、いくらコンクリート道路が耐久性があるといってもボロボロの崩落しまくり酷道です。

2019年7月7日放送の『ポツンと一軒家』で紹介される福井県大野市下打波の道はマトモな道みたいですが、こういう山道では落石なども多く注意して走る必要があります。

福井県大野市下打波(地図

福井県大野市ってどんなところ?


福井県といえば「恐竜」、大野市には道の駅九頭竜があり恐竜街道とも呼ばれている

福井県といえば「恐竜」、大野市には道の駅九頭竜があり恐竜街道とも呼ばれている

福井県といえば「恐竜」で、JR福井駅前には大きな恐竜のオブジェが飾られていて、観光客に「福井は恐竜王国」というアピールをものすごくしています。

大野市には道の駅「九頭竜」という施設があり、そこへと至る道は「恐竜街道」と呼ばれているほどです。

JR福井駅、恐竜王国をアピールする恐竜が並んでいます

JR福井駅、恐竜王国をアピールする恐竜が並んでいます

大野市には山の山頂にある池「刈込池」という紅葉名所もあったりします

大野市には山の山頂にある池「刈込池」という紅葉名所もあったりします

先ほどの一軒家の北部、福井県ぎりぎりの場所には山の山頂にある池「刈込池」という紅葉名所もあったりします。

紅葉の時期になると、ものすごい山奥にも関わらず、紅葉客が車で押し寄せて道路が駐車場のようになるところです。

ポツンと一軒家 2019年7月7日 予告


ポツンと一軒家 2019年7月7日 予告は以下の通りです。

岩手県】雪国にも捜索へ行ける季節がきた!地元の方に聞き込みをするが、「一軒家には間違いないけど…」まさかの発言が飛び出しうなだれる捜索隊。しかし地元の方の協力もあり、一軒家へ出発!知っていなければ通らない側道や細い橋、深い森の中を通り過ぎ、ついに辿り着いた一軒家は、まるで桃源郷のような場所に建っていた。
福井県】福井県とあって、竜星さんが「化石が埋まっていそうな場所ですね!」と語る、切り立った山の中に建つ一軒家。集落から民家の無い道を延々と進んでいると、道を大きな落石がふさいでいた!なんとか移動させようと捜索隊は2人がかりで動かそうとするが…。その先で出会ったのは、林でさえ初めて聞くという植物を栽培する男性だった。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。