吉平商店 生姜シロップ&明神水産 鰹たたき@高知『坂上&指原のつぶれない店』で紹介

2019年6月2日放送の『坂上&指原のつぶれない店』で、高知県・吉平商店で製造販売している生姜シロップ「吉平のあわせしょうが」が紹介されるそうです。特集は高知のアンテナショップで見つけた激売れ商品という企画で、楽天通販でも販売されています。

広告

吉平商店 生姜シロップ「吉平のあわせしょうが」が『坂上&指原のつぶれない店』で紹介


吉平商店 生姜シロップ「吉平のあわせしょうが」

吉平商店 生姜シロップ「吉平のあわせしょうが」

高知県のアンテナショップや高知の巨大街路市でとてもよく売れている商品が、2019年6月2日放送の『坂上&指原のつぶれない店』で紹介されるそうです。

ひとつは「冷凍カツオたたき」で藁で焼き上げたものが年間で20億円もの売上をあげているのが紹介されます。これは東京・銀座にある高知県のアンテナショップで販売されているものです。

もうひとつは「夫婦で手作りするシロップ」としか書かれていないのですが、これは「生姜シロップ」のことで吉平商店さんの「吉平のあわせしょうが」という商品です。

生姜シロップは高知市の巨大街路市「土佐の日曜市」で販売されています

生姜シロップは高知市の巨大街路市「土佐の日曜市」で販売されています

販売は高知市の巨大街路市「土佐の日曜市」で行われており、高知城の周囲で週に4回(日・火・木・金曜日)開催されている街路市です。

特に高知城の追手門から追手筋にかけて日曜日に開催される「土佐の日曜市」は規模が大きく、1日で1万5000人の集客があると言われています。

そこで売られているのが地元民も絶賛するという吉平商店さんの「吉平のあわせしょうが」で、番組ではこのシロップを使ったジンジャーエールが紹介されるということでした。

広告

吉平のあわせしょうが 楽天通販も可能

この「吉平のあわせしょうが」ですが、楽天でも出品されています。

値段は360ml×3瓶で5248円(税込、送料別)となっており、100ml瓶(648円)から販売されています。

かなり高額な商品ですが、生姜の皮をまるごと砂糖で炊いたシロップで、水は一切使われていないというこだわりがあります。

そのため、高濃度の生姜シロップとなっており、ピリリとした生姜の風味が楽しめる商品です。

坂上&指原のつぶれない店 2019年6月2日 予告


坂上&指原のつぶれない店 2019年6月2日 予告は以下の通りです。

冷凍なのに激ウマ!!(秘)カツオたたき!?屋台でバカ売れ!!夫婦で手作り(秘)シロップ!?▽大好評!なんでこんな所にこんな店!?第2弾は日本一地価の高い街「銀座」を徹底調査
▽客殺到!今大人気の都道府県「アンテナショップ」で発見!バカ売れ商品を作るスゴい店を徹底調査! ▽大人気「サーティワンアイス」が、ある場所で急増中!?不動のNo.1ポッピングシャワーの人気の秘密とは!?知られざるサーティワンアイス ▽日本一地価が高い街「銀座」にナゼ!?の名店!古びたトタン屋根の町工場&たった1店!?の乾き物専門店&激セマ神社!?謎のロッカー・・・ 調べてみたらスゴい店だった!


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。