【静岡県】鉄パイプの橋があるポツンと一軒家の場所はどこ?

静岡県の鉄パイプの橋があるポツンと一軒家が2019年5月19日放送の『ポツンと一軒家』で紹介されるそうです。その場所とは「静岡県賀茂郡松崎町岩科南側」で、近くには「国指定重要文化財岩科学校」もあるところです。

広告

静岡県 鉄パイプの橋があるポツンと一軒家の場所はどこ?

2019年5月19日放送の『ポツンと一軒家』は、静岡県のポツンと一軒家が紹介されるそうです。

4月21日の放送でも静岡県は取り上げられましたが、特に伊豆半島は山の上にポツンと一軒家が多く存在している地域です。

静岡県にポツンと一軒家が多い理由は、伊豆半島が海の縁からずっと山が続く地形であることも関係していると思います。同じような場所としては紀伊半島などもそうで、和歌山県などもポツンと一軒家の聖地のようなところです。

今回紹介されるのは「静岡県賀茂郡松崎町岩科南側」と呼ばれるエリアで、北側には「岩科北側」と呼ばれる地域があり、そこには「国指定重要文化財岩科学校」という「なまこ壁」の美しい洋風と社寺風を取り入れた建物もあります。

番組では、一見何もなさそうなガードレールに階段があり、その先に「鉄パイプで作られたお手製の橋」がある場所が映っています。

これは、県道121号(南伊豆松崎線)の途中にある民家へと行くためのルートで、田舎の山間部を走っていると時おり見かけるものです。これがあると「あぁ、この先に民家があって人が住んでいるんだな」というのがわかります。

和歌山県でも、こういった道の先に吊橋がありますが、山間部というのは水を含んでいる土地が多く、細い川が流れていることがほとんどです。そのため、海側でもないのに「吊橋」が多いのも山間部の特徴と言えます(和歌山県の吊橋まとめはこちらを参照してください)。

・住所は「静岡県賀茂郡松崎町岩科南側」
・ガードレールのところに階段がある
・鉄パイプで作られたお手製の橋がある
・座標は「34°43’01.9″N 138°48’41.0″E」

国指定重要文化財岩科学校


国指定重要文化財岩科学校

国指定重要文化財岩科学校

前述したように、岩科北側には「国指定重要文化財岩科学校」という歴史的建造物があります。

なまこ壁」と呼ばれるの美しい洋風と社寺風の建築様式を取り入れた建物です。

明治13年9月に建てられたものですが、今の建物は平成4年に復元工事によって再現されたものになっており、中では展示物などを見ることができるようになっています。

静岡県賀茂郡松崎町岩科北側442(地図
入館料:300円
開館時間:9時~17時
定休日:年中無休
公式サイト:http://www.izu-matsuzaki.com/

ポツンと一軒家 2019年5月19日 予告


ポツンと一軒家 2019年5月19日 予告は以下のとおりです。

衛星写真で発見!何でこんな所に?という場所に、ポツンと建つ一軒家を日本全国大捜索!
特徴的な造りの民家が建ち並ぶ集落で、捜索隊は聞き込み開始。一軒家を知る親切な地元の方に先導され着いたのは、一見何もない道の途中。しかし、はるか先をよく見れば、鉄パイプで作られたお手製の橋が!吉田が「まさにワイルド!」、林が「人生100年時代のお手本」と絶賛する人物に出会えた。

広告


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。