静岡県の青い屋根の家が『ポツンと一軒家』で紹介

静岡県にある青い屋根の家が2019年4月21日放送の『ポツンと一軒家』で紹介されるそうです。その場所とは「静岡県藤枝市岡部町玉取」で、近くには黄身の色が濃い卵を生産する養鶏場(鶏舎)もあるところです。

広告

静岡県の青い屋根の家が『ポツンと一軒家』で紹介

2019年4月21日放送の『ポツンと一軒家』で静岡県の青い屋根の家が紹介されると予告されていました。

その家とは「静岡県藤枝市岡部町玉取」の山中奥深くにあるお宅です。

周囲には小さな棚田(畑)があり、近くには平飼いの鶏を育てている養鶏場(地図)もあります。

番組では、この養鶏場(鶏舎)で採れた新鮮で黄身の色が濃い卵で食べる「卵かけご飯」も紹介されるということでした。

静岡県藤枝市岡部町玉取(地図

岡部町玉取は日本武尊「玉取伝説」の土地


岡部町玉取の地名は日本武尊「玉取伝説」から付いた

岡部町玉取の地名は日本武尊「玉取伝説」から付いた

この岡部町玉取ですが、日本武尊が東国征伐した際に立ち寄ったという「玉取伝説」から地名が付いています。

日本武尊はこの地で焼津神社を創建し、御神体として2つの玉(水石と火石)を祀ったそうです。

ところが、大津波で焼津神社は流され、この御神体である玉もどこかに行ってしまったのです。

しかし、不思議なことに流されたはずの玉は見つかり、その土地に玉取神社が建てられて、この地を「玉取」と呼ぶようになったのだそうです。

ポツンと一軒家 2019年4月21日 予告


ポツンと一軒家 2019年4月21日 予告は以下の通りです。

静岡県
山の中に鮮やかな青い屋根の建物を発見!捜索隊は、茶畑が広がる最寄りの集落で聞き込みを開始する。すると「ココの集落からは道が無いよ」と、まさかの情報が!捜索隊に残された道は…。山の斜面に建つ建物と整備の行き届いた棚田。そこは、一軒家の主にとって秘密基地のような贅沢な空間だった。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。