羽衣石城(うえしじょう)@鳥取が『ポツンと一軒家』で紹介

鳥取県にある県民も知らない城「羽衣石城(うえしじょう)」が2019年4月7日放送の『ポツンと一軒家』で紹介されるようです。番組ではその羽衣石城から南へ1.3kmほどの場所にあるポツンと一軒家を紹介する予定ですが、武士の子孫という方が登場して、足利尊氏に仕えた南條家の城跡も紹介されるということでした。

広告

鳥取県の山中にある羽衣石城(うえしじょう)が『ポツンと一軒家』で紹介

2019年4月7日放送の『ポツンと一軒家』で、鳥取県にある県民も知らない城「羽衣石城」が紹介されるようです。

予告では「室町時代に足利尊氏に仕えていた南條家の城」としか書かれていませんが「羽衣石城」で間違いありません。

足利尊氏に仕えていた武士・南條家の城跡が紹介されます(写真は足利尊氏像)

足利尊氏に仕えていた武士・南條家の城跡が紹介されます(写真は足利尊氏像)

難読城名で読み方は「うえしじょう」と読みます。

山頂にお城がありますが、これは「模擬天守」で史実に基づいたものではありません。

昭和(戦前)に城跡のシンボルとして建築されたものだそうです。

・標高372mの羽衣石山山頂にある城跡
・この地を治めていた南条氏の本拠地
・模擬天守は1990年に建築された日本で二番目に古いもの

紹介される鳥取県のポツンと一軒家の場所はどこ?

では、肝心の鳥取県のポツンと一軒家はどこにあるのでしょうか?

予告では羽衣石城から1.3km離れた場所とあり「青と赤茶の屋根がいくつか見える」とされています。

先ほどの羽衣石城の南側、およそ1km強ほどの場所に確かに青と赤茶の屋根の民家がありますので、たぶんそこでしょう。

※同日放送の「長野県諏訪郡下諏訪町東山田にあるポツンと一軒家」の場所はこちらです。

ポツンと一軒家 2019年4月7日 予告


ポツンと一軒家 2019年4月7日 予告は以下の通りです。

【長野県】
まずは最寄りの集落へ。そこには有名な“あの神社”があり、珍しく大きな町で聞き込み開始。一軒家への道を教えてもらい、雪が残る山道へ入る。凍結した急傾斜の坂道をどんどん進む…はずだったのだが、なんとタイヤが滑って進まない!さらに、身動きが取れず立ち往生!番組初の捜索中止になるのか!?
【鳥取県】
深い山の中に、特徴的な屋根が見える今回の一軒家。集落で聞き込みをすると、近くにある山の頂上にそびえ立つ城があるという。まさか、一軒家の正体とは…!?険しい山道を進んだ先で出会ったのは、「先祖は侍」と語る一軒家の主。先祖代々山奥の一軒家に住むようになった背景には、侍であるが故に起きた壮絶なドラマがあった。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。