烏骨鶏ゴールデンエッグ @岐阜県が『所さんお届けモノです』で紹介

黄金色をした「烏骨鶏ゴールデンエッグ」が、2018年12月9日放送『所さんお届けモノです!』で岐阜県のご当地グルメとして紹介されます。国の天然記念物「烏骨鶏」の卵を味付き燻製卵にした商品で、贈答用などで喜ばれる「福」をキーワードにした黄金色の卵になっています。

この烏骨鶏ゴールデンエッグは岐阜県の「烏骨鶏本舗」が販売しており、楽天通販でも入手可能です。

広告

烏骨鶏ゴールデンエッグ が『所さんお届けモノです』で紹介


金色の輝く卵「ゴールデンエッグ」

金色の輝く卵「ゴールデンエッグ」

烏骨鶏ゴールデンエッグが、2018年12月9日放送『所さんお届けモノです!』で岐阜県のご当地グルメとして紹介されるようです。

予告では「岐阜県発 国の天然記念物の激うま玉子 ゴールデンエッグ って?」となっていました。

これは烏骨鶏の卵を燻製にした味付け卵のことで、岐阜県の会社「烏骨鶏本舗」が販売している商品のことです。

殻の色は黄金色、高級卵がゴールデンエッグになっているので贈答用などに喜ばれそうな商品です。

値段は10個入りで5400円~7344円となっています。

京都の金閣寺エリアでも「金閣寺黄金ストリートメニュー」が飲食店で販売中で、年末年始の行事に向けてこういった「福」関係のグルメが話題になりそうです。

・商品名は「烏骨鶏ゴールデンエッグ」
・烏骨鶏の卵を味付き燻製卵にして金色に装飾した商品
・岐阜県の会社「烏骨鶏本舗」が販売
・値段は10個で5000円程度
・烏骨鶏は香川県の専用牧場で育てた「有頂天妃(うちょうてんひめ)」

烏骨鶏ゴールデンエッグ は楽天通販で入手可能


国の天然記念物「烏骨鶏(うこっけい)」

国の天然記念物「烏骨鶏(うこっけい)」

烏骨鶏の卵は貴重種の「烏骨鶏(うこっけい)」が産む卵で、非常に高価な食材です。

一般的な鶏は年間に300個ほどの卵を産みますが、烏骨鶏は年間40個しか卵を産みません

そのため、希少性の高い卵とされているのです。

また、普通の卵よりも高い栄養価ということもあり、昔から「薬膳食材の王様」と呼ばれてきました。

・DHA(陸上生物では烏骨鶏の卵のみに含まれる)
・EPA(陸上生物では烏骨鶏の卵のみに含まれる)
・ビタミンA(ウナギの約9.7倍)
・ビタミンB2(牛レバーの1.8倍)
・ビタミンB12
・ビタミンE
・パントテン酸

だいたい、2玉で500円が最安ラインとなりますが「烏骨鶏ゴールデンエッグ」は黄金色で装飾されている贈答用なので1玉500円以上の価格設定になっていました。

楽天通販で入手可能となっていますので、入手は容易な卵です。

卵は香川県の専用牧場で育てた1万6000羽の純種の烏骨鶏「有頂天妃(うちょうてんひめ)」のものだそうです。

烏骨鶏の殻の色(黄金色)は黄金色に塗ったもののようですが、食用の塗料なので安全性には問題ありません。

なお、以前から似た商品は「金福卵」として販売されるなど縁起の良い商品として売られています。

所さんお届けモノです! 2018年12月9日 予告


所さんお届けモノです! 2018年12月9日 予告は以下の通りです。

百貨店バイヤーやスゴ腕目利きが足を運ぶ巨大展示会へ特別に許可を得て潜入!リアル“下町ロケット”全国の地方銀行が地元企業とタッグを組んで売り込む美食の数々を紹介
★滋賀県発☆まるでサファイアの原石!インスタ映え間違いなしのスイーツ ★岐阜県発☆国の天然記念物の激うま玉子“ゴールデンエッグ”って? ★三重県発☆倒産寸前の会社を救った奇跡のおせんべいとは? ★佐賀県発☆ふるさと納税の返礼品でも大人気!手ごねハンバーグ美味しさの秘密 ★和歌山県発☆新感覚の絶品生ハムの正体は、もちもちの幻の魚だった!? ★フィギュアスケート村上佳菜子が食べまくる!!


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。