天ヶ瀬ダム・和夢茶カフェの宇治茶漬け @京都・宇治が『雨上がりのフォトぶら♪』で紹介か

2018年4月14日放送『雨上がりのフォトぶら♪』で京都の宇治を紹介してもらえるようです。宇治の「泉園銘茶本舗和夢茶カフェ天ヶ瀬ダム」が番組で紹介されるようで、「雨上がり」の宮迫博之さんと蛍原徹さん、アジアン馬場園梓さんに羽野晶紀さんが2018年4月3日に宇治の平等院などで撮影ロケしているのが目撃されています。宇治茶といえば、かつては日本最高の茶と評された日本茶の一大産地(現在は静岡茶のシェアが多い)で、今でも宇治茶を使ったランチやスイーツなどを楽しむことができる場所です。

では、『雨上がりのフォトぶら♪』では、どのような場所に立ち寄ったのでしょうか。

広告

『雨上がりのフォトぶら♪』で京都の宇治(宇治茶)が紹介されます


『雨上がりのフォトぶら♪』で京都の宇治(宇治茶)が紹介

『雨上がりのフォトぶら♪』で京都の宇治(宇治茶)が紹介

2018年4月14日放送で春の新番組『雨上がりのフォトぶら♪』で、京都の宇治市が特集されると予告されています。

撮影ロケがあったのは4月3日で、宇治平等院で「雨上がり」の二人(宮迫博之さん、蛍原徹さん)とアジアン馬場園梓さんに、女優でゲストの羽野晶紀さんが目撃されています。

羽野晶紀さんは京都出身で「宇治観光大使」もされているということで、羽野晶紀さんの案内で、宇治の周辺の穴場スポットめぐりをするようです。

・宮迫博之さん(雨上がり)
・蛍原徹さん(雨上がり)
・馬場園梓さん(アジアン)
・羽野晶紀さん(女優)
宇治市観光センターで飲める無料の宇治茶

宇治市観光センターで飲める無料の宇治茶

予告を見る限りでは「平等院参道」をスタートし、宇治らしいお茶漬けを探し歩くということをしたようです。

その際に立ち寄っているのが平等院表参道の目の前にある「泉園銘茶本舗」さんで、さらには宇治茶漬けと中華をコラボしたランチがある「和夢茶カフェ」さんで食事をしているのが分かっています。

・平等院表参道の茶商(泉園銘茶本舗)
・宇治と中華のコラボ「宇治らしいお茶漬け」(宇治茶漬け、和夢茶カフェ)
・巨大ダム(天ヶ瀬ダム)

では、これらの場所はどのような場所なのでしょうか。

泉園銘茶本舗(平等院表参道)


蓮華茶屋の前から平等院参道を見た風景

泉園銘茶本舗の前から平等院参道を見た風景

予告を見ていると「泉園銘茶本舗」さんで宇治茶を試飲していることが分かります。

泉園銘茶本舗さんは平等院参道にある茶商が立ち並ぶ一番奥にあるお茶屋さんですが、この宇治には「茶商」と呼ばれるお茶屋さんがたくさんあります。

宇治茶については、本ブログの「宇治茶特集記事」に詳しいので割愛しますが、茶商の中でも特に最強と言われるのが将軍家御用達茶商のひとつ「上林(かむばやし)」です。

将軍家御用達茶商のひとつ「上林(かむばやし)」

将軍家御用達茶商のひとつ「上林(かむばやし)」

泉園銘茶本舗」さんも江戸時代の寛永元年に和泉屋新太郎「和泉屋」を創業したことに始まる老舗です。

宇治には茶商がいくつもありますが、お店によってブレンドなどが異なり、味わいも変わってきますので、飲み比べてお好みの茶商を探すのも宇治茶の楽しみのひとつです。

JR宇治駅・京阪宇治駅から徒歩約10分で、宇治観光では必ず立ち寄るような場所なので便利な場所にあります。

京都府宇治市宇治蓮華24
営業時間:9時~17:30
定休日:不定休
URL:http://izumien.com/

和夢茶カフェ(宇治抹茶だし茶漬けセット)

【宇治茶漬け★商品紹介01】 和夢茶カフェ|宇治抹茶だし茶漬けセット 1,000円 ~小さな工夫が生み出す大きな違い~ ご飯にのるのは蒸し鶏、梅ソース、パリパリおこげ。注がれるのは出汁昆布に鶏ガラを組み合わせた抹茶出汁。中華料理の小さなアイデアが出汁茶漬けに組み合わされる。小さな工夫の積み重ねが大きな違いを生む。 和夢茶カフェ ℡ 0774-23-8388 住所 京都府宇治市宇治蓮華12 Googlemap https://goo.gl/maps/3AJ8Q1wouE12 —————————————————– 実際に食べてみた!という方は、是非ハッシュタグ「#宇治茶漬け」をつけて投稿してみて下さいね♪ #京都 #宇治 #ご当地グルメ #宇治茶 #グルメ #観光 #お茶漬け #和夢茶カフェ #おこげ #パリパリ #kyoto #uji #tea #ochazuke #japanesefood

京都宇治ご当地グルメ~宇治茶漬け~さん(@ujichaduke)がシェアした投稿 –

2018年4月14日放送『雨上がりのフォトぶら♪』では、宇治と中華のコラボ「宇治らしいお茶漬け」を探すのが目的で宇治を散策したようなのですが、その際に立ち寄っているのが「和夢茶カフェ」さんです。

予告でもバッチリと「宇治抹茶だし茶漬けセット(1000円)」が映っているので間違いありません。

宇治茶漬けには「蒸し鶏梅ソースご飯のお焦げ」と中華料理らしいお茶漬けで、それに宇治茶の出汁をかけて食べるという料理です。

お茶漬けというよりも「中華粥」に近い感じですが、宇治茶を使うのが「宇治茶漬け」の定義なので問題はありません。

点心もセットになって1000円で、宇治らしいランチを食べることができるので良いお店です。

和夢茶カフェは平等院参道の中ほどにあります

和夢茶カフェは平等院参道の中ほどにあります

京都府宇治市宇治蓮華12
営業時間:11時~16時(土日祝は17時まで)
定休日:不定休

天ヶ瀬ダムを見学


宇治川にある多目的ダム「天ヶ瀬ダム」手前の風景(2016年5月19日撮影)

宇治川にある多目的ダム「天ヶ瀬ダム」手前の風景(2016年5月19日撮影)

さて、雨上がりの皆さんですが、宇治川の上流にある多目的ダム「天ヶ瀬ダム」も見学したようです。

予告では「巨大ダム」としか書かれていませんが、宇治市にそんな巨大ダムはひとつしかありません。

下流は大阪湾ですが、宇治川(淀川流域)上流は「琵琶湖」に繋がっており、さらに滋賀県長浜市の山中まで続く長い河川の途中にあるのが「天ヶ瀬ダム」です。

天ヶ瀬ダム(パンフレットより)

天ヶ瀬ダム(パンフレットより)

1964年11月から稼働しているダムで、50年以上経過していますが、まだまだ現役で働いています。

天ヶ瀬ダムでは「堤頂通路」が開放されているので、自由にダムの見学が可能になっています。

土日祝日でも開門されており、見学可能時間(8時~16:45分)であれば無料でダムを間近で見ることができますが、吊橋の「天ヶ瀬橋(天ヶ瀬吊橋)」も一緒に見るのをオススメします。

吊橋の「天ヶ瀬橋」を一緒に見るのがオススメ

吊橋の「天ヶ瀬橋」を一緒に見るのがオススメ

天ヶ瀬橋」は、天ヶ瀬ダムの入口から坂道を下に降りて歩いていくと宇治川沿いの道に出るので、その道を500メートル歩いた所にあります。

途中で「白虹橋」という普通の橋がありますが、そこから下流側に300メートルほど歩いた場所です。

『雨上がりのフォトぶら♪』では、さすがに「天ヶ瀬橋(天ヶ瀬吊橋)」は行かないと思いますが、吊橋の風情ある姿を見ることができるのでオススメの場所です。

京都府宇治市宇治金井戸15
見学可能時間:8時~16:45分
URL:https://www.kkr.mlit.go.jp/yodoto/amagase_access.html

雨上がりのフォトぶら♪ で紹介される宇治の穴場スポット まとめ


ということで、2018年4月14日放送『雨上がりのフォトぶら♪』で紹介される宇治の穴場スポットの紹介(まとめ)でした。

紹介されるのは4箇所ほどで「泉園銘茶本舗和夢茶カフェ天ヶ瀬ダム」に立ち寄っているのが、すでに判明しています。

・泉園銘茶本舗
・和夢茶カフェ
・天ヶ瀬ダム

雨上がりのフォトぶら♪ 2018年4月14日 予告


雨上がりのフォトぶら♪ 2018年4月14日 予告は以下の通りです。

京都の宇治観光大使・羽野晶紀がぶらりポイントで案内炸裂!?癒しに一同感動!!宮迫&蛍原スタッフにブチ切れ!!
インパクト写真を頼りに、気になるスポットを自由に巡る街ブラ番組!! 「雨上がりのフォトぶら♪」 今回のスポットは…「宇治」 ゲストに宇治観光大使の羽野晶紀を迎え、京の都であり、お茶が有名な宇治でぶらり♪ 外国人も多く訪れる、言わずと知れた観光地。 王道の観光スポットだけではなく、穴場スポットを求めて、美しい平等院表参道からぶらりスタート♪そんな気になるスポットとはー!? ●革新的な宇治と中華のコラボが登場! ●巨大ダムでスタッフと一触即発!? ●最高の癒し動物!その正体とは!? 自由気ままな30分をお届け! お楽しみに!


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。