【え?これは日本人発明なの?】日本で発明「オセロ」発案者 長谷川五郎さん(81)やドクター中松さんのフロッピーディスク、そして話題の理研のわかめスープ

Sponsored Link

今日は夏休みの「自由研究ネタ」です。

世界で普通に使われているので、外国で発案されたものだろうと思っていたものでも、実は日本の発明品だったなんてことはよくあります。

世界中で楽しまれる「オセロ」も、実は日本で発明されたもので発案者は長谷川五郎さん(81)と言います。

オセロ


2014-08-08_093040

これは、西洋の貴族が発明した上品なゲームではありません。戦後の焼け野原となった日本の岡山で考えられたゲームです。

「リバーシ」とも言われますが、日本でも有名な「オセロ」は、日本人の長谷川五郎さんが、岡山県で製薬会社製薬会社に勤務していた時に、牛乳ビンのフタを2枚貼りあわせて片面を黒くぬりつぶした駒で遊び始めたのが始まりです。1972年に、評判となってツクダオリジナルから製品化されました。

「オセロ」という名前は、シェークスピアの名作『オセロ』からとられており、黒は「オセロ将軍」で白は「妻のデズデモーナ」に見立てています。

オセロ公式
http://othello-official.jp/

こういったものは他にも結構あったりします。

Sponsored Link


■新品■【雑貨】大回転オセロ

フロッピーディスク


2014-08-08_093529

非常に有名な話ですが、発明家「ドクター中松」氏が発明したのが「フロッピーディスク」です。IBMが磁気円盤「ディスケット」を開発していたのですが、先行特許が認められて、フロッピーディスクの発案者はドクター中松氏ということになっています。

ただ、これも完全な発明者かというと怪しいもので、ドクター中松氏が発明した「紙に磁気を塗布して音声を保存する」発明(製品名:ナカヒゾン)はフロッピーディスクそのものではありません。

八木アンテナ


2014-08-08_094153

テレビCMでもやっていた「テレビアンテナ」の代名詞といえば「八木アンテナ」ですが、これも世界中で使われています。

1926年(大正15年)に特許を取得し、効率的に電波を受信できる構造をもった独特の形状のアンテナです。

テレビアンテナだけのものではなく、広く電波の送受信に使われています。

八木アンテナは「導波」「放射」「反射」の3つのアンテナを基本構成としており、それを複数組み合わせて効率的な送受信を可能にしています。

東京タワーの地デジ電波は130キロ離れた「宇都宮」でも八木アンテナで受信できるんです。

理研のふえるわかめちゃん

「ふえるわかめちゃん」は食品会社の「理研ビタミン」が発売して一世風靡した商品です。

2014-08-08_095511

これ「理研」とありますが、あのSTAP細胞で騒がれた「理研」からドロップアウトして出来た会社(理研栄養薬品株式会社)でもあります。ビタミンAの研究成果を事業化(産学連携)してできています。

有名なのは「わかめスープ」の方ですね。

2014-08-08_095358

「わかめ」事業の経緯
理研ビタミンは、海から採りたてのわかめ特有の磯の香りを残した製品の研究を重ね、「生わかめ」の製造法を開発し、1965年 (昭和40年) に「生わかめ わかめちゃん」を発売しました。
「ふえるわかめちゃん®」は、家庭用の乾燥わかめフレークとして、1976年 (昭和51年) に発売されました。
公式サイト

他にも「シャープペンシル」や古くは「乾電池」なども日本の発明品です。

Sponsored Link


ふえるわかめちゃん 三陸わかめ 20g[ふえるわかめ わかめ(乾物)]

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。