ふく恋盛り @下関・からと屋「インスタ映えするフグ料理」サタデープラスで紹介

インスタ映えするフグ料理が『サタデープラス』で紹介されるそうです。この「インスタ映えするフグ料理」というのは「ふく恋盛り」という下関グルメのことだと思われ、唐戸市場の海鮮料理店「からと屋」さんの「ふく恋盛りランチ」が紹介されるかもしれません。

では「ふく恋盛り」とはどのようなフグ料理なのでしょうか。

広告

インスタ映えするフグ料理が『サタデープラス』で紹介


下関にインスタ映えするフグ料理があるらしい

下関にインスタ映えするフグ料理があるらしい

12月9日放送の『サタデープラス』の予告を見ていたら、ものすごく気になるパワーワードが書かれていました。

インスタ映え!下関のフグ

インスタ映えで人気!?下関でフグ尽くし旅

内容は「一期一会!ニッポン○×旅」という企画で、ずんの飯尾和樹さんが福岡県の門司と山口県の下関を巡って「絶品ふぐ料理」を堪能するという内容でした。

その中で「インスタ映えするふぐ料理」が紹介されるということです。

さっそく、フード担当にお店を聞いてみたところ「ふく恋盛り」のことだと予測していました。

ふく恋盛り

#ふく恋盛り #ふく刺し #下関 #shimonoseki

しものせき観光キャンペーン実行委員会さん(@shimonoseki.kanko)がシェアした投稿 –

下関には「ふく恋盛り」という面白い商品があるそうです。

これ「ふ恋盛り」ではありません。

それで検索してもヒットしないはずで、下関の方の方言で「ふぐ = ふく」なので「ふく恋盛り」というのが正しい名称です。(下関でも普通は「ふぐ」と言ってます)

2014年12月から、下関のホテル・飲食店10店舗ほどで販売されている料理で、日本のふぐ料理公許第1号という老舗のふぐ料理店(宿泊・宴会も可)「下関春帆楼本店(しゅんぱんろう)」さんにもあるのですが、他にも「国民宿舎海峡ビューしものせき」さんなどにもあります。

ただし、番組で紹介されるのはもう少しリーズナブルな唐戸市場のお向かいにある「からと屋」さんの「ふく恋盛りランチ」だと思われます。

他にも「南風泊市場」などでも販売されているとのことです。

旬菜炙りダイニング からと屋 基本情報


安いお寿司なども食べられる唐戸市場(からといちば)

安いお寿司なども食べられる唐戸市場(からといちば)

「ふく恋盛り」がお手軽なランチで食べられるのが、唐戸市場の敷地にある「カモンワーフ」という飲食店が多く入った建物にある「旬菜炙りダイニング からと屋」さんというお店です。

ふく恋ランチの価格は2600円程度ですが予約が必要とのことでした。

からと屋御膳 2300円
海の幸のっけ丼 2300円
ふく御膳 2600円
ふく恋ランチ 2600円(要予約)

山口県下関市唐戸町6−1
営業時間:11時~15時、17時~23時
定休日:不定休
TEL:083-229-5640
URL:http://kamonwharf.com/shoplist/karatoya/

Twitterの口コミや感想

♡ハート♡のふぐ刺し 🐡とらふぐちゃん🐡 ロマンチックなお料理 その名も「ふぐ恋盛り」

Mikiyo Nakajimaさん(@mikiyon)がシェアした投稿 –

#ふく恋盛り♡#下関#福 よ来い#お腹いっぱい

Natsukoeさん(@nacco0816)がシェアした投稿 –

サタデープラス 12月9日 予告


サタデープラス 12月9日 予告は以下の通りです。

売り上げ5割増!?サバ缶がいま大人気なワケ▽ハロウィーンから宅配ピザまで!?35年前大ヒット映画「E.T.」が日本を変えた!?▽インスタ映えで人気!?下関でフグ尽くし旅
日本各地で人情に触れあいながら、珠玉の○×クイズを探して旅します。今回はずんの飯尾和樹が、福岡県の門司と山口県の下関で絶品“ふく”の旅へ。インスタ映えブームがここにも!?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。